ひたすら受験問題を解説していくブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
筑波大学付属駒場中学校2013年理科第6問
tsukukoma_2013_rika_6q-1.png
これも非常に簡単です。発光ダイオードやモーターと電流の方向の関係がわかっていれば瞬殺問題です。知らなくても、解くのに”ほぼ”十分な量の情報が与えられています。

発光ダイオードの性質
電流を一方向にしか流しません(あしの長い方に+をつなぐと流れます)。電流が流れる場合には光を発します。
知らない場合は、表の1、2から発光に関する法則がわかり、5から発光しているときには電流が流れることがわかります。
しかしその逆は不明です。冒頭で”ほぼ”といっているのは「光が出ないときには電流も流れない」という情報がないので、知らない場合には推測をしなければならなくなります。
本来なら、完全に論理だけで解けるように5ではなく6の結果を与えるべきだと私は思います。

モーターの性質
電流を流す向きによって回る方向が逆転します。本問では+を左につなぐと右回りに回ります。

6:ダイオードが逆なので電流は流れません。つまりモーターも回りません。ア
7:6同様にダイオードが逆なので電気は流れません。ア
8:ダイオードに電気が流れるので発光し、モーターには+が右側なので左周りに回ります。カ
9:並列なので別々に考えます。ダイオードは長い方が+なので光り、モーターは左が+です。オ
10:これも別々です。ダイオードは逆なので光りません。モーターは右が+です。ウ
11:これも別々です。ダイオードは逆なので光りません。モーターは左が+です。イ
12:これも別々です。ダイオードは長い方が+なので光り、モーターは右が+です。カ
スポンサーサイト

テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://jukenkaisetsu.blog.fc2.com/tb.php/147-857881fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。