ひたすら受験問題を解説していくブログ
慶應大学医学部2013年物理解説
慶應大学医学部2013年物理の解説です。小問集合がなくなりましたが、なんか物理の本質からずれたところがお好きなのは、いつもの慶應さんといったところでしょうか。第1問は問4が計算が面倒な感じ、第2問はダイオードで面食らう人は面食らって沈没しそうで、出来不出来がはっきりと分かれたのではないでしょうか。第3問はぬるいにもほどがあります。第4問は定数が何の定数なのかわかっていることが前提で、こういう糞問は個人的にきらいですが、まあ普通+αぐらいの難易度でしょうか。
スポンサーサイト

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://jukenkaisetsu.blog.fc2.com/tb.php/168-07dd573d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック