ひたすら受験問題を解説していくブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京大学2003年前期数学解説
東京大学2003年前期数学の解説です。ほどほどの難易度と言った感じのセットで、3>1=4≧2>5>6という感じでしょうか。全体的に誘導が丁寧で,部分点はかなり取りやすい感じです。もし誘導がなければ,3や4はなかなかの難問です。

実は私が受験した年だったりします。本番では第3問の円錐の半径を読み間違って,「ここは半径1じゃなく2じゃなきゃ誘導が・・・」的な解答を書いた黒歴史が思い出されます。
これ+α間違ってしまったので数学が90ぐらいになってしまい,さらには化学の計算ではまるにはまって(しかも計算間違ってました)生物が大問0.5問終わらず(たしか計90台後半),結構ぎりぎりめな合格だった気がします。

ちなみに今回解いた時も半径1と勘違いしたのは秘密です。
スポンサーサイト

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://jukenkaisetsu.blog.fc2.com/tb.php/252-5650496d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。