ひたすら受験問題を解説していくブログ
灘中学校2014年算数第1日目第3問
nada_2014_math_3q.png

解説


速さの比が進んだ距離の比になります。(指導者向けにいえば,内分点や外分点になるということです。)

(1)280
ABCがともに同じ地点Pで会います。わかっているACから求めてやると,
2100を140:160に分けるので,

140×2100÷300=980

がXからP地点までの距離(以下XPのように表記します)です。
さて,ZP:XP=B君の速さ:A君の速さなので,

ZP=980×100÷140=700

です。よって,XZ=980-700=280となります。

(2)11.25
ADの出会う位置はACのときと同様に,
XQ=140×2100÷320=7×7×3×25/4

BDも同様に,
XR=280+100×(2100-280)÷280=180+15×50=930

差をとると(XQ計算しなきゃダメみたいですね)
930-7×7×3×25/4=930-918.75=11.25

灘中2014年算数に戻る
スポンサーサイト

テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://jukenkaisetsu.blog.fc2.com/tb.php/342-5270f60b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック