ひたすら受験問題を解説していくブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
灘中学校2014年算数第1日目第6問
nada_2014_math_6q.png

解説


(1)
下図のようになります。
nada_2014_math_6a_1.png
中心をOとすると,ABO=18÷6=3です。
BE=2×AFなので対称性からGEはAFの半分でOGも同じになります(AからGに垂線を引くとわかりやすい)。
よって,ABG=ABO×3/2=4.5

(2)
下図のようになります。
nada_2014_math_6a_2.png

ABGを考える際には,ABはわかり易いので,高さがどの程度かが気になります(ここは(1)とおなじですね)。EDGの高さを求めればいけそうなので,CF=2DEよりCFGとEDGの相似によってEDGの高さは,ABOの1/3であり,ABGはABOの5/3倍です。よって5

灘中2014年算数に戻る
スポンサーサイト

テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://jukenkaisetsu.blog.fc2.com/tb.php/345-eb94db9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。