ひたすら受験問題を解説していくブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
灘中学校2013年理科第4問
nada2013rika-4q.png
知らなくても解ける問題のある知識問題です。考察でどうにでもなるのは問1(3)、問2、問4だと思います。

問1

(1)子宮、以上!
(2)産声、以上!
(3)酸素と結びつきやすい方に酸素は移動します。なので、母親から胎児に酸素が移動するためには胎児の血液の方が結びつきやすくなければダメです。よってイ。
(4)オになります。尿が腎臓で血液をろ過して作られるのは有名な話です。

問2

(1)卵の殻は主に何からできているでしょうか?炭酸カルシウムです。薄くなるということはこれがヒナには必要であり消費されているということです(炭酸は二酸化炭素なのでカルシウムが必要)。よって、膜にはカルシウムはないので不足します。答えカルシウム。
(2)問題文で触れている袋ごと膜に入れるので、それらのものは通さなくても袋から得たり、袋に出していきます。よってイオは卵黄から、エは老廃物袋で間に合います。アは卵の殻が水を通さないことから必要ありません(卵黄もしくは周辺から得るのでしょう)。よってウとカが残ります。これらが通らないと呼吸できません。よって両方必要です(これらは膜の中の液体に十分な量とけないので外部から得ることが必要です)。

問3

卵の数と必要な養分な養分やスペースは正比例するので、卵を多くすると大きさを小さくする必要があります。また、人間のように母体が育てる場合も養分やスペースの関係で卵の数は小さくなります(双子じゃなく1000子とか死にます)。
卵が小さかったり育てないと生き残る割合は減りますが、その分、数を産めるのでどうにかなります。逆に卵が大きかったり育てると生き残る割合は増えますが、その分数が産めません。それぞれの生物はどちらの戦略をとっているかという話。(1)ウ、エ、(2)エ、オ (3)ア、イ。

問4

有名な話なので知っていればそれでウと答えて終わりです。知らなくても図においてヒントが二つあります。一つ目はさやと皮がつながっていて、同じように着色されていることです。皮はさやと同じようなものです。
次に、花粉からのびている図では白色の管を通って受精しますが、その管は皮をスルーして中身に到達しています。
以上から考察してもウが答えになります。
スポンサーサイト

テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://jukenkaisetsu.blog.fc2.com/tb.php/36-c3aac12d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。