ひたすら受験問題を解説していくブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
センター試験2014年数学IIB第6問

解説


(1)
ア:4 イ:2
6!=6・5・4・3・2なので2は4回,3は2回かかっています。

(2)
ウ:2 エ:3
Cは素因数の個数で,文章中にもMの和が素因数2の個数と書かれているので,C=C+Mの2です。

また,M<2となるまでやるといっているので,M<Dの3です。

オ:6 カキ:97
170時点でのMは
(101→)50→25→12→6→3→1
となります。よって6回。出力されるCはこれらの和なので,97です。

(3)
クケコ:110 サ:4
Dが2ではなく5になるだけなので,110行目の代入が4になればOKです。

シスセ:501 ソタチ:501
(2014→)402→80→16→3
であり,和をとると501です。
2の個数は5の個数より大きいので,10で割れる回数=5で割れる回数です。よって501です。

(4)
ツ:2 テ:8
素数であることの判定なので,割れた時点で飛ばして次のDにいくようにします。割れるということは,商に割ったものをかけるともとに戻ることになるので,2が答えです。
また,行き先は次のDなので,191行に飛ばす8です。

ト:9 ナ:2
26までの素数なので,2,3,5,7,11,13,17,19,23の9個です。よって9回実行されます。

Cの値が2になるということは26を素数で割った商が2になる場合です(1になったらそこで終了です)。
よって,11と13の2回です。


センター試験2014年数学IIBに戻る
スポンサーサイト

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://jukenkaisetsu.blog.fc2.com/tb.php/367-ba9c3cfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。