ひたすら受験問題を解説していくブログ
灘中学校2013年理科第7問
nada2013rika-7q.png
そもそも二酸化炭素による地球温暖化なんて仮説の域を出ないものでしょ?とかいう突っ込みはさておき、問1,2が知識、問3,4が考察の問題です。難易度は大したことありません。

問1

①窒素 ② 酸素 ③オゾン ④紫外線 ⑤温暖 です。
窒素は空気の4/5、酸素は1/5ぐらいです。窒素がこんなにあるのは反応しにくいからですね(地球上にある窒素原子の量で見ると酸素よりはるかに少ないですが、酸素は反応してしまうため比較的少なくなっています)。オゾンは酸素原子が3つ(酸素は酸素原子が2つ)くっついたもので、殺菌力も強かったりします。水の消毒などに使われています。

問2

ウです。窒素、酸素、アルゴンに次いで4番目に多いものが二酸化炭素です。

問3

植物が二酸化炭素を消費するときは光合成をするときで、日光が強く、木が茂っているときが多くなります。よって減り具合がおおいときが夏、少ないときが冬、真ん中ぐらいが春と秋になります。左端は夏の前なので春であるアです。

問4

差である黒い棒が増減なので、これが長いほど大きく変化します。そのため、一番黒棒が長いところで急に変化しているエが正解になります。

スポンサーサイト

テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://jukenkaisetsu.blog.fc2.com/tb.php/39-3a5116b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック