ひたすら受験問題を解説していくブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
灘中学校2015年算数第1日目第11問
nada_2015_math_11q.png

解説


正直こういう灘というか中受の空間把握能力って意味ないとおもうんですよね。どうせ中受以外に使わないし。まあ私が苦手なだけですけどね。

とりあえず組み立てると,直角マークがあるところが正六角形の一つの頂点に2つ来るので,そこの高さ方向の辺は正六角形に垂直になり,高さそのものになります。あとは区切りのいいところで分割していきます。下図左の赤い線で立体を分断してやると,中央が4つ,右が2つできます(aは一辺4cmの正三角形の高さ)。
nada_2015_math_a11.png


一辺4cmの正三角形で高さ4cmの三角錐の体積が1/6×4×4×aであることを考慮すると,中央は1/3×4×2×aであり,等しくなっております。右の方は1/2×4×4×aであり,三角錐の3倍です。

したがって,中央が4つに右が2つなので,4+3×2=10倍となります。

灘中学校2015年算数へ戻る
スポンサーサイト

テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://jukenkaisetsu.blog.fc2.com/tb.php/517-11d09e42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。