ひたすら受験問題を解説していくブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京大学2015年前期生物第3問I-II
todai_2015_bio_3q_1.png
todai_2015_bio_3q_2.png

todai_2015_bio_3q_3.png
todai_2015_bio_3q_4.png

解説

スタンダードな生態系の問題です。しっかりと普通の問題集で勉強していればいいような内容です。

I
A 1:リン 2:セルロース
純生産量を決めるということは植物に必要なものだとわかります。肥料の三大要素といえば窒素,リン,カリウムであり,海においてカリウムイオンは一定量あるので,残りのリンが答えです。

セルロースを分解するセルラーゼは合成できない動物が多いですが,Cにあるようにして分解して栄養を得る動物は多くいます。

B
温帯落葉樹林の植物は長期間蓄えた非同化組織の割合が多く,温帯草原では同化器官の割合が比較的高い。そのため,現存量の違いは同化器官量依存の純生産量の違いより大きくなる。

C
消化管内に分解酵素を生産できる微生物を有しているから。

牛とかも同じですね。

D 92%
まず文1より,草原では生産者の純生産のうちで25%が一次消費者に取り込まれます。消費者の純生産=摂食量-排泄量-代謝量なので,排泄量+代謝量=25%-2%=23%です。摂食量を分母にするので,23%/25%=92%です。

II
A 3:窒素 4:光 5:競争
限定要因を窒素ではなくした場合に何になるかですが,実験1で扱っている要因には光しかありません。

B
草食獣が摂食すると植物の密度が減り,光をめぐる競争が緩和され,競争に弱い種も生存できるようになるから。

中規模な攪乱になっている感じでしょうか。攪乱が適度に起こると競争が緩和されたり,別の要因による競争になったりして種の数は増えます。小規模な攪乱だと競争の状況はあまり変わらず,その競争に強い種に偏り,攪乱が大きすぎても攪乱に耐えられる種のみが残る感じになります。

C 2,5
Bの解説に挙げたように攪乱そのもの(被食)に強い種が多くなります。
1:食べにくくなるので考えられます。
2:食べやすくなるので不適。
3:草食獣の種類によっては高いところを食べれないのでありかと思います。
4:タンニンがあるとまずいです。
5:成長が遅いと食べ切れてしまうので不適。早い方が有利だと思います(園芸やったことある人ならシソとかミントの脅威はよく知っているはず。抜いても抜いても切りないです)。


東京大学2015年前期生物に戻る
スポンサーサイト

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://jukenkaisetsu.blog.fc2.com/tb.php/584-8bf710ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。