ひたすら受験問題を解説していくブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
慶應大学医学部2015年生物第1問
keio_med_2015_bio_q1_1.png
keio_med_2015_bio_q1_2.png
keio_med_2015_bio_q1_3.png
keio_med_2015_bio_q1_4.png

解説

考察問題であり本年においては知識分は少なめです。

問1
(A)トノサマガエル
観察2ですべてトノサマガエルになっているので,トノサマガエルが優性だと考えられます。

(B)エ
メンデルを前提としているので,普通のF2です。したがって,[A]:[a]=トノサマ:コガタ=3:1となります。

問2
A:イ
複対立遺伝子を前提にするということです。コガタはLL,トノサマはLRなので,LL:LR=1:1となります。

B:エ
観察2によるとコガタ×トノサマはすべてトノサマです。しかしながら,AによるとLLの個体が存在します。これはすべてのトノサマがLRである実験1の結果と矛盾します。

問3
(A)d
Lがコガタ,Rがワライに対応しています。つまり,体細胞は両方のカエル(両親)のゲノムを持ち,配偶子はワライのみです。

(B)
コガタガエルの精子はLのみ,トノサマガエルの卵は実験2よりRのみとなり,子はLRのトノサマガエルとなる。

実験2でトノサマガエルの卵のゲノムはRのみになっていることがわかるので,それを文にするだけです。

問4
1:ち
2:え
3:お
4:け
5:う 6:い (逆でも可)
7:う
8:あ
9:う
10:い
11:そ
12:こ

最終的にトノサマガエル同士だとオタマジャクシが発生途中で死ぬ観察3の説明です。RRは発生しないということになります(この観察3から精子もRのみだと推測できます)。

問5
ワカイガエル
トノサマガエルの配偶子はRなので,子はRRのワライガエルとなると考えられるから。

正常に発生するのは,遠く離れた集団であり,同一の致死遺伝子を持たないためだと考えられます。

慶應大学医学部2015年生物に戻る
スポンサーサイト

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://jukenkaisetsu.blog.fc2.com/tb.php/626-4ad7b154
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。