ひたすら受験問題を解説していくブログ
東京大学2016年前期生物第3問III
todai_2016_bio_3q_3.png
todai_2016_bio_3q_4.png
todai_2016_bio_3q_5.png
todai_2016_bio_3q_9.png
todai_2016_bio_3q_10.png

解説

内容は大したことないんですけど,正直なところこいつのせいで時間が圧迫しているのではないでしょうか(pdfで解いているから行ったり来たりでそう感じているだけかもしれませんが)。文3のくせに大問二分割でも多めな量です。

A 6:一定に保たれる 8:4n 9:8n
トライコームとかどうでもいい話です。複製だけ起きればその都度に倍です。トライコーム以外でいうと唾腺染色体なんか有名ですね。

B 3
明暗をなくしても同じ周期であることが図3-2で分かります。

(1)採餌って個体がするんではないの?
(2)変わってません
(4)温度の実験ないですよ

C ある調節タンパクが別の複数の調節タンパクを発現させる。その調節タンパクが同様に働いて指数的に発現遺伝子数を増やす仕組み。

カスケードとか言われてる奴ですね。よく見られるもので,細胞内シグナリングとかもカスケードで様々な反応を引き起こします。

D ジャスモン酸:16時間後 採餌:12時間後

明暗逆位相でジャスモン酸の周期が変わるなんて一言も書いていないことが不満です(暗による変化はないけど,明による変化はあるということでしょうか?図3-4から一応わかりますが明記しといてくれと思います)。

図3-2によるとジャスモン酸は明期の4時間目,採餌は暗期の0時間目にピークです。図3-4をみると植物は暗期スタートなので,12+4=16時間。幼虫は明期スタートなので12時間後です。

アブラナ科といい,この行動周期といい,もしやこの幼虫はヨトウなのでしょうか?家庭菜園の敵で,ジャスモン酸なんか効いてないだろと思う勢いで食べて丸裸な気がするのですが。

E
ジャスモン酸によって生じる化学的防御反応に関与する物質の合成はピーク後の約6時間の間で起こるため,同位相では採餌のピークと防御物質のピークが重なるが,逆位相ではジャスモン酸による防御と採餌のタイミングがずれるから。

残存葉面積の違いはジャスモン酸の周期の違い(採餌を固定で考えて良い)なので,ジャスモン酸がいつ何をやっているかを考えれば上記の様な解答になります。防御反応に関してはCの問題文にヒントが書かれており,それも考慮して解答を作りましょう。
また,周期に関してDが誘導になっています。


東京大学2016年生物に戻る
スポンサーサイト

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://jukenkaisetsu.blog.fc2.com/tb.php/659-938917aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック