ひたすら受験問題を解説していくブログ
灘中学校2017年算数1日目第11問
nada_2017_math1_11q.png

解説

展開図の問題は私も苦手ですし,なんの意味があるの?中受と折り紙以外で何で役に立つの?って思いますけど,いくつか定石があります。本問では,直角三つで直立,対面が同じ図形かチェックするっていうことをしっかりやればどうにかなります。

ど真ん中に直角が三つ集まっているので,ここで直立しますそれに注目して,少し組み立てた図を描いてみます(下図左)。更に,同じ図形が2組ずつにでき,各面の付き方も同じであることから対面は同じ図形で平行になります。これに注意していけば,下図右のようになります。
nada_2017_math1_11a_1.png

正直なところ対称性から下半分は書く必要はありませんが。直角三角形の平面で切ってやると,一辺3の立方体と,高さ(6-3)の三角柱2つになります。よって,

3×3×3+2×(3×3×3÷2÷3)=36


灘中学校2017年算数に戻る
スポンサーサイト

テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://jukenkaisetsu.blog.fc2.com/tb.php/688-c4493f93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック