FC2ブログ
ひたすら受験問題を解説していくブログ
同志社大学2月10日実施の物理入試問題について(出題ミス?)

Q

いつもお世話になっています。
同志社大学(社会・理工) 2月10日実施の物理入試問題についてご教示頂きたいことがございます。

これまで何度も質問させていただいている内容と類似です。

物理第[Ⅲ]のコンデンサーの問題です。
問題抜粋を添付いたしますが、問題冊子原本は代ゼミのサイトよりダウンロードできます。

最終設問です。
「極板間に内部抵抗無視できる起電力V0の電池をつないで一定の電圧V0を加えて、『十分に時間が経過した時』の極板間の電位V(x)を図示せよ」という旨の設問ですが、

質問1:回路に抵抗がないのでそもそも電位は一定にならず「振動」しませんか?この回路で一定の電圧V0を本当にかけることができるのでしょうか?(リード文での説明がそもそも物理的におかしく、解答不能となる出題ミス?)

質問2:あるいは電磁輻射によりエネルギー散逸して振動が収まった後のことまで考慮して『十分時間が経過した時』に電位がV0に収斂したと解釈するのでしょうか?電磁輻射は高校範囲外?なので、こんなことまで高校生に要求するのは不適切で、その意味では「出題ミス」ではないでしょうか?

質問3:電磁輻射まで考慮しないように、図3に「抵抗」を本来入れるべきではないでしょうか?つまり、図3に「抵抗」を入れ忘れた出題ミスではないでしょうか?※もしそうなら完璧な出題ミスであり、同志社大学に凸することができますね!

最近は「物理入試問題の粗捜し(?)」が世間で大ブームらしいです。大学にミスを認めさせればマスコミにミス指摘者の実名が報道されて予備校講師としての社会的知名度と信用度(とお給料?)がアップするらしいです。

今回の同志社大学の物理入試問題を精査頂き、出題ミスなら同志社大学へご指摘いただけましたら幸いです。

先生のご活躍を心より祈願しています!

A

御免ささいですが,本問は出題ミスではないと考えます。
抵抗が0と無視出来るは異なります。
数学でいうR=0とR→+0(もしくはR≪○)という違いがあります。
つまり,今回の問題では抵抗は0ではないです。

なので,残念ながら私のお給料の増分→+0ですね。

一応,抵抗が0なら質問1,2,3ともに同意見です。
スポンサーサイト

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

コメント
コメント
ありがとうございます!
ご回答ありがとうございます。

>抵抗が0と無視出来るは異なります

なるほど、忖度していらっしゃいますね。
さすがはオトナのご対応です。
某S○Gの某Y先生とは人間の器の大きさの違いを感じます。

お給料増分→+0
なんて哀しいこといわないでください。
お給料増分→+∞
と景気よくお願いします!!!
2018/02/14(水) 19:15:37 | URL | おみ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://jukenkaisetsu.blog.fc2.com/tb.php/718-4d6bd0d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック